2匹の成長記録

【猫の自動給水機】メリットやデメリット、維持費について|みなみブログ

今回の記事はサムネにもある通り、猫の自動給水機についてです。

もう2年ほど使用しているのでそこで感じた使用感や気になる維持費、メリットとデメリットなどに触れていきたいと思います。

先にペットボトルの水についてですが、

人間のミネラルウォーターは硬水でミネラルたっぷり、猫にとっては尿路結石の原因になってしまうので飲ませるのは注意です。

ペットボトルで猫に水を与えたいという飼い主さんは猫用として販売されている軟水を飲ませてあげましょう!

ちなみに日本の水道水は軟水なので猫の健康に全く問題がないそうです!

なので引き続き水道水を飲ませても大丈夫ですが、ちょっと自動給水機も気になるなって飼い主さんの参考になったら嬉しいです。(給水機メーカーの回し者ではないです

※自動給水機に入れる水は結局のところ水道水です。

それでは本編です。⬇︎

猫の自動給水機についてのあれこれ。

●そもそも自動給水機って何?

お水を入れてコンセントに繋げると、フィルターを通した清潔な水が循環して出てくる機械です。ネットはもちろんホームセンターなどでもいろいろな種類が売っています。

※メーカーもいろいろありますが、見た目的な要素が大きいので好みで決めて大丈夫です。

フィルターの交換期間や価格などで決めて維持費を安くするのもありかなと思ってます。電気代はそこまでかからないです。(下で詳しく触れていきます)

自動給水機のメリット

◎不純物を取り除いてくれる

一番の理由はこれだと思います。

常にお水が循環していてフィルターで濾過(ろか)しているので、抜け毛やフードのカスなどの不純物を取り除いてくれます。

※抜け毛に関しては換毛期など特に猫が飲む水の容器に入ってしまいます。

毛づくろいする時にも抜け毛は飲み込むことになるので、それ自体は悪いことではないです。ただ、毛玉の原因にもなるので取り除いてくれるのは嬉しいです。

日本の水道水は飲み水としても安心ですけど、フィルターを通してるとさらに安心感でる気がします。個人的な感想です。

◎大容量

種類にもよりますが、たくさんのお水が入ります。

我が家で使っているものは2種類ありますが、ともに「2ℓ」近くはいります。

前まで使っていた普通の容器は500mlも入らなかったので4倍以上の差ですね。

特に夏場など、飼い主不在時にお水が無くなったら大変なので容量が多いのは本当に助かります。

うちも2匹飼っていますが、多頭飼いの場合は飲む量やこぼしてしまう確率が上がるのでたくさん入ることとてもいいことです。

◎重心がしっかりと安定している

お水がたくさん入るので合わせて安定感があります。

猫はよく走り回ったりしますが、たまに水の容器をひっくり返してしまうこともあります。

自動給水機は水を入れる土台がしっかりとしているものが多いため、ぶつかってしまっても溢れることが少ないです。

※手で水遊びする癖がある猫も表面の水だけで遊ぶ程度なのでひっくり返すことはできないです。

自動給水機のデメリット

×電源がないとお水が出ない

自動なので仕方ないですが、コンセントに繋がないとお水が循環しないので出てきません。

ここで3つの問題がでてきます。

  1.  コンセントの近くにしか置けない
  2.  万が一停電したらお水が飲めない
  3.  ケーブルを噛む可能性がある

(給水機によっては電池で動くコンセントフリーもあるかもしれません)見たことはないですが…

コンセントの位置で置く場所に困ったり、コンセントを噛んでしまう猫は要注意です。

水と電気は感電の危険もありますので、噛み癖がある場合にはコードを隠しておく必要があります。

また、飼い主不在の時に停電になったときに備えてもうひとつの容器に水を入れておくといいかもしれません。

×多少の維持費がかかる

本体は買い切りですが、フィルターは消耗品なので交換が必要です。

メーカーにもよりますが、1ヶ月程度で交換するものが多く価格はひとつ300〜400円程度です。ネットのまとめ売りだと安いです。飼い主はAmazon派。

電気代に関してはメーカーによりますが、月60円〜100円程度です。

フィルターと電気代を合計すると月々の維持費は500円以内に収まります。

肝心の本体は2,000円〜10,000円程度で購入できます。

基本的な機能は大きく変わりませんので何を購入しようか迷っている方はデザインと価格で決めましょう。

※我が家で使っているタイプはどちらも2,000円台だったと思います。

×掃除の手間がある

普通の器よりも少しだけ大変です。きちんと洗浄が必要です。

飲み口・フィルター・本体・循環装置?など数パーツに分かれるのでそれぞれを洗う必要があります。結構細かいところもあるので

※交換時期になっていないフィルターに関しては水道水で流しつつ付着してしまった抜け毛を手でとっていけば大丈夫です。

飲み口と本体は食器と同じ感覚でスポンジで洗って、循環装置は水で多方面から流しています。

掃除頻度は飼い主さんによって変わると思いますが、1日1回で大丈夫だと思います。

うちは朝出かける前に掃除と水交換をしてます。時間としては2〜3分程度で終了です。

まとめ

猫の自動給水機についていろいろと触れていきました。

本当に商品の回し者ではないですがおすすめ度は高いです。

維持費も意外と安く安心感もあるので何だかんだで2年間経ちました。

ちょっと気になっているかたはAmazonや楽天などで「猫 自動給水機」といれるといろいろ出てくるのでまずは調べてみてくださいね。

最後に結構大事でデメリットをひとつ…

お水が循環する際に多少の音がでます。

一般的な空気清浄機の弱よりも小さい音で寝る時も気にならないぐらいの音です。水が減っている時は結構大きい音に変わります。

怖がって飲まない猫もいるとフォロワーさんから教えていただいたので、飼い猫の性格に応じて検討してみましょう。

フィルターは本体に1つは付いてきますので、まずは安い給水機を試してから、大丈夫だったらデザイン性などがあるタイプでもいいかもしれませんね。