2匹の成長記録

【猫の多頭飼い】この問題点を抑えておけば1人暮らしでも大丈夫|みなみブログ

みなみ家に妹のこむぎがやって来て3ヶ月が経ちました。

こむぎを飼う前は「1人暮らしで多頭飼いは難しいよ」などの声もたくさんありましたが、たしかに大変なことは増えたかなといった印象です。

食事のタイミング、トイレの掃除回数、動物病院、抜け毛問題、お金の面などなど…

この記事では実際に1人暮らしで猫を2匹飼ってみて気づいたことや体験談などを書いていこうと思います。

別々のタイミングから始めた猫の多頭飼いについて

まめすけが2歳半のときに、3ヶ月のこむぎがみなみ家に合流しました。

同じスコティッシュフォールド のオス猫とメス猫、2歳ちょっと離れた多頭飼い生活です。

今回は多頭飼いについての注意点を書いてあるサイトを見た上で、みなみ家の場合はどうだったの?という視点から記事を書いていきます。

1.相性について(性別・品種・年齢差)

相性が悪いと本気のケンカや縄張り意識を生んでしまい、ストレスの原因になってしまいますので本当に大切な項目です。

 

こむぎを飼う前にいろいろ念入りに調べたのですが、

  1. オスとオス、メスとメスなど 、同じ性別は縄張り争いでケンカしやすい
  2. 品種が違うと、性格・体格の違いが出やすく勝ち負けがはっきり出てしまう。
  3. 年齢差があると、年上の猫に負担がかかりやすい

など、主に「性別」「品種」「年齢」の③つの問題がありました。

こむぎを実際に選んだ時も、兄になるまめすけとうまくやっていけるかを重視して選びました。

その上で奇跡的な出会いをしてこむぎを迎えた形です。

 

実際に相性はどうだったのか?

最初はケージ生活をしていたので2匹ともさぐりさぐり状態でした。

幸いにケージ生活の後も大きなケンカをすることもなく一緒に寝たり遊んだりとかなりの仲良しで相性は良かったと思います。

こむぎが子猫なので遊び心はたくさんあります。

ケンカになった場合にはまめすけよりもこむぎからちょっかいを出してます。

 

まめすけはもう去勢はしていますが、こむぎも6ヶ月過ぎたら避妊手術をしようと思います。

※この記事を書いた後に無事避妊手術も行いました。

【意外と深い?】猫の避妊手術のメリット・デメリットについて〜みなみブログ〜こむぎが生後6ヶ月になり、避妊手術の時期が近づいてきました。今回はメス猫の避妊手術についてメリットやデメリット、さらには費用などについて記事にしてみました。【関連】ねこリスト,みなみブログ,みなみ,猫ブログ,ねこブログ,まめすけ,こむぎ,猫と暮らす,ねこ,猫好きさんと繋がりたい,スコティッシュフォールド...
【ついに明日】こむぎが避妊手術にいってきます。動物病院へ1泊してきます〜みなみブログ〜避妊手術に向けてたくさん記事を書いてきましたが、ついに手術の日がやってきました。前日の記事としてこむぎの成長について触れています。【関連】ねこリスト,ブログ,まめすけ,こむぎ,猫と暮らす,猫,ねこ,猫好きさんと繋がりたい,スコティッシュフォールド ...

避妊手術をするための豆知識を書いています。

2.ケージ生活について

みなみ家では写真に写っているケージです。本来2.3段目もある長いケージですが、落ちたら危ないので外して使っていました。

 

結論から書くと、成猫と子猫は別々の環境で最初は飼ったほうがいいです。

先住猫が縄張りを荒らされたと思ってケンカの原因になります。

※子猫に向かっても本気であたるケースがあるので危険です。

 

ケージ越しに徐々に慣れさせていき、慣れたタイミングで直接面会させるのがベストになってきます。※こむぎも最初はケージ生活をしていました。

2匹ともお互いに興味があったのかケージ越しでもじゃれ合うなどのコミュニケーションをとっていました。

 

ケージ生活の期間は?

あいまいですが、猫の状態によって大きく変わって来ます。

※多頭飼いの記事には半年〜1年とかなり幅を持たせているところもあります。

みなみ家の場合には、最初1週間はケージ生活をさせて、1週間過ぎたぐらいから監視のもとケージ外で少しずつ遊ばせていました。

 

幸いなことにケンカもせずに、ご飯もお互いの分だと理解してくれていたのでケージ生活としては合計2週間ぐらいのタイミングで辞めました

それからはケージも片付けて2匹とも室内で放し飼いしてます。

3.ご飯について

成猫と子猫は食べるご飯が基本的に違います。(栄養バランスや硬さなど…)

あげる量やタイミングなども気をつけなくてはいけないので、ちょっとした苦労も出て来ます。

 

あげていたフードは?

  • まめすけはいつものドライフードとウェットフード。
  • こむぎは子猫用ドライフードに水を入れて10分程度ふやかした後に、子猫用のウェットフードを混ぜる。

※子猫のご飯は準備に時間かかるのであげるタイミングに差が出てきます。

成猫が子猫のご飯を狙う場合にはなるべくあげるタイミングを合わせるか、別々の部屋で食べさせることがおすすめです。

以前記事にした「2部屋以上」あるとおすすめはこの理由もあります。

【1LDK】1人暮らしで猫を飼うためにオススメする3つのこと|みなみブログ一人暮らしで猫を飼いたい方向けの記事です。これから引っ越しをしようかなと思っている方はぜひこちらの3つの条件を元に探していただけると素敵な猫ライフを送れると思います。【関連】ねこリスト,みなみブログ,みなみ,猫ブログ,ねこブログ,まめすけ,こむぎ,猫と暮らす,ねこ,猫好きさんと繋がりたい,スコティッシュフォールド...

 

猫のフードについてもいろいろ種類がありますので、みなみ家おすすめのものを記事にしています。

【オススメ】猫に食べさせるキャットフード(ドライ・ウェット)|みなみブログ猫のご飯は種類がたくさんあるので悩みます。この記事では実際に購入してあげてみて、食いつきや品質などが良かったものをおすすめとして1つずつ紹介をしています。【関連】ねこリスト,みなみブログ,みなみ,猫ブログ,ねこブログ,まめすけ,こむぎ,猫と暮らす,ねこ,猫好きさんと繋がりたい,スコティッシュフォールド...

 

お水に関しては多頭飼いをすると走り回ることが多くなるので、倒れづらく水もたくさん入る自動給水機を使っています。

【猫の自動給水機】1年間使ってみたメリットとデメリットとは?|みなみブログフィルターごしに綺麗な水が飲める自動給水機ですが、本当に良いのか、それとも悪いのか 。実際に使ってみたリアルな感想を記事にしています。【関連】ねこリスト,みなみブログ,みなみ,猫ブログ,ねこブログ,まめすけ,こむぎ,猫と暮らす,ねこ,猫好きさんと繋がりたい,スコティッシュフォールド...

※それぞれ別記事を書いたのでよろしければチェックしてみてください。

4.トイレについて

トイレは衛生面から基本は猫の数だけあったほうがいいです。縄張り問題にも絡んできます。

 

現在、みなみ家の場合は1つだけです。

最初はケージ内に置いていたので計2つありました。

 

ケージ生活が終わってトイレを部屋の中に2つ置いていても、2匹とも1つのトイレにしか入らない問題が出てきました。

※まめすけはもともと使っていたトイレなので分かりますが、こむぎもなぜかまめすけトイレが気に入ってしまいました。

 

掃除もすぐにするのでこの際1つにしようという形で落ち着きました。

外から見えない蓋があるタイプのトイレなのですが、1匹が入ると猫砂を掘る音が気になるらしく必ずもう1匹もトイレ前で見つめています。

注意点としては1つしかないとすぐに汚れがたまって、衛生面が悪くなったり、猫砂も余計に消費してしまう点です。

 

まとめ

以上多頭飼いについてみなみ家の場合で書いていきました。

 

癒し生活も多い中で現実的なことを書かせていただくと

仕事をしながらの1人暮らしでの多頭飼いは本当に大変です。

 

でも1匹の時は飼い主が仕事から帰ってくるまでずっと暗い部屋で待ってる…遊び相手もいない…そう思ってみなみ家では多頭飼いをはじめました。

大変なこともあるけど良いこともたくさんあるといった前向きな感覚で飼っています。

 

最後に費用面ですが、別記事で詳しくご紹介してます。

【1人暮らしで猫を飼う場合】費用は月々どのぐらい必要なの?|みなみブログ猫を飼いたい方はたくさんいると思います。ただ実際に飼ってみないと費用のことなどは分からないですよね...今回は実際に飼っている飼い主目線で費用の面を算出してみました。【関連】ねこリスト,みなみブログ,みなみ,猫ブログ,ねこブログ,まめすけ,こむぎ,猫と暮らす,ねこ,猫好きさんと繋がりたい,スコティッシュフォールド...

ぜひこちらの記事も読んでいただけると嬉しいです。